ワードプレスの始め方

ツイッターにワードプレスの記事を自動投稿させる方法(最新版)

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーター

をしています鈴木です。

ツイッターの「バズる」をワードプレスでも

ワードプレスで記事をアップしたら

自動でツイッターに投稿されるとSEO対策にもなりますし

ツイッターにはバズる可能性もあります。

ツイッターのサイトのurlを表示させておけば

そこからのアクセスも見込めます。

そこで、今回は、ワードプレスの記事を

自動でツイッターに投稿する方法をお話します。

(一見すると難しそうですが

そんなことはなくて

今回は作業が多くて時間がかかります)

(画像は公式hpより)

まずは、NextScripts: Social Networks Auto-Posterをインストールしよう

様々なプラグインがありますが

先々のことを考えると、

このプラグインが一番です。

(All in one SEOだとツイッターとfacebookだけで

今は、まだLINEとの連携はできないです)

まずは、このプラグインをインストールしましょう。

管理画面の「プラグイン」の「新規追加」で

上のところに

NextScripts: Social Networks Auto-Poster

をコピペして、

「今すぐインストール」→

「有効化」します。

しばらくすると左側に、このようなタイトルができますので

「SNAP|AUTO POSTER」をクリックします。

「ADD  NEW  ACCOUNT」をクリックして

そこからツイッターを選びます。

すると、このような画面がでてきますので

一旦バツで閉じます。

画面上は何もないような感じですが

下の画像の赤枠のところに

カーソルを当てると

「ADD  NEW  TWITTER  ACOUT」

と表示されますので

そこをクリックします。

このような画面が出てきますので

https://apps.twitter.com/

をクリックします。

いよいよツイッターへ

ここからは基本英語になります。

予期せぬ理由でページが閉じてしまい

アメリカから電話がかかってきました(笑)

(全部英語でした)

こういうのが苦手な方は、

グーグル翻訳を使いましょう。

さて、本題に戻りまして

まずは、アカウントを作りましょう。

赤丸のところをクリックすると

下のような画面に移動します。

ここからアカウントを作っていきます。

電話による認証

まずパスワードを入力して

「Verify」をクリックします。

次に、電話番号が表示されますので

その番号があっていることを確認して

OKなら「SEND CODE」をクリックします。

(下の画像をご参考にされてください)

違うのならば、変更しましょう。

(スマホから変更するとラクです。

変更したらF5キーを押してリフレッシュで確認です)

すると、SMSで番号が送られてきますので

その数字(6桁)を入力します。

すると、こんな画面になりますので

ここで「GET BACKUP CODE」

をクリックです。

一度しか使えないけれど

ログアウトした際に使えるコードがもらえます。

私は、これをiphoneのメモに登録しました。

これが数時間後、私を救ってくれることになるとは

この時は、知りませんでした。

この記事を書くために、別アカを作り

(このアカウントでは、

最初の設定画面には行けなかった)

そちらにログインして、再度、

こちらにログインしようとしたら

いつまで経ってもSMSコードが届きません。

そこで、こちらのコードを入力してログイン成功です。

(SMSは、数時間後に到達です笑)

ワードプレスもそうですが

ツイッターでも数時間

かかることがあると知りました。

いい勉強になりました。

そんなことは、

どうでもいいですね(笑)

本題に戻りましょう。

メールでの認証の仕方

この画面から「ADD a  valid email address」

クリックします。

メアドを入力して国を「日本」に設定します。

真ん中あたりにある「password reset verification」に

チェックを入れましょう。

すると、一番下の「SAVE CHANGES」が青くなるので

ここをクリックして

上の「set up login verification」をクリックします。

すると再度パスワードを入力するように言われますので

入力します。

(私は電話番号の登録はしていましたが

メアドの登録をしていなかったので

アカウント変更になるわけです)

あとは、登録したメアドの受信箱を確認し

認証コードをクリックします。

ツイッターの画面が現れたら

メアドによる認証は

無事に終了です。

アカウントに関する情報を入力しましょう。

ここからは、画面にそって聞かれるがままに

入力していきましょう。

もし、ツイッターの画面に戻れなかったら

もう一度ワードプレスの別タブの

https://apps.twitter.com/をクリックしましょう。

(これをコピーして、

検索バーにペーストしても行けます。)

この画面が現れたら

「continue」をクリックします。

組織に属していて、そのためのツイッターの方は上にチェックを。

私は個人的なので、下のパーソナルを選びました。

アカウント名は、ご自身の好きなもので

国は「日本」です。

このツイッターを何のために使うのか

聞いてきますので

お好きなものをどうぞ。

ここからは、形式だけのチェックです。

自由に選んで大丈夫です。

下の記載の部分は300字以上などの

字数制限があるので

それにそって書きましょう。

日本語でも大丈夫です

最後の質問は政府と関係するかの質問ですので

私は「NO」と答えました。

ノーでも最後まで行けますので

ご安心くださいませ。

(本当はスパイだったりして笑)

次に同意書が出てきますので

一番下までスクロールして

2つにチェックを入れて

「submit application」をクリックです。

もし、このようなものが届いたら

ご自分のメールボックスを確認しましょう。

サイト情報をツイッターに伝えて、KEYをゲットしましょう。

keyとは、ワードプレスの

プラグインに必要なものです。

これがないと、自動投稿してくれません。

ですので、これをもらうために

自分のサイトの情報などを書いていきましょう。

この画面にきたら

  • App name・・・サイトの名前。日本語でも大丈夫です。

私は、『東京日和』と思いっきり日本語です。

  • Application description・・・サイトの内容です。

10文字〜200文字で書きましょう。

  • URLです
  • enable〜・・・とりあえずチェックしました。
  • CallBack URL・・・再度サイトのURLを入力しましょう。

access levelとかあれば、read and writeです

最後に、一番下のボタンをクリックします。

すると、このような画面が現れるので

「Keys and token」をクリックします。

keyは全部で4つ必要です。

でも、まだ2つかできていません。

そこで、一番下の「create」をクリックします。

すると4つのキーが表示されます。

(しばらくしてからクリエイトのボタン押した方がいいかもです

すぐに押したら、アメリカから電話でした笑)

4つのkeyが表示されたら

上から順にワードプレスのプラグインの中の

四角の赤枠にコピペしていきます。

(上からAPI keyAPI secret key

Access tokenAccess token secretの順です)

ここは慎重にしましょう(^^)

あとは、一番上のアカウント・ニックネームに

ご自分のツイッター上でのお名前と

ツイッターアカウントは

https://twitter.com/の後に、ご自分のユーザー名を

(@〜です)入力しましょう。

メッセージ・フォーマットは

そのままでもいいですし

最後の%URL%だけでも大丈夫です。

最後に「Add account」をクリックすれば・・・

無事終了です(^^)

お疲れ様でした!

本当に、よく頑張りましたね!!

これで、ワードプレスに記事を投稿すれば

自動でツイッターにも投稿されますよ。
ワードプレスの強い味方↓↓↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA