BUYMA

バイマの外注化で驚いたこと〜出品スタッフさん採用編〜

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

バイマ外注化の第一段階である

「出品のお仕事」の問題を解消すべく

今、少しづつ取り組んでいるところです。

この問題は最近入られた方が

困られていたことなので

解消すれば、この方が辞める心配が減ります。

せっかく一生懸命に教えても

すぐに辞められては

とても悲しいし虚しいです。

ですので、非常に面倒ですが

この問題解決に全力を注ぐことにします。

最初に出品数を言うことに驚かれた話

しばらくは出品担当の方に

一人前になって欲しくて

新規採用はせずに、

社員教育に専念するつもりでした。

そこで、最後に採用した方と

やりとりを始めました。

単価がこれこれですので

出品数を決めてもらい

金額を決める段階になって

「最初に出品数を言わないといけないのですか?」と。

はい。そうしてもらわないと

お支払いする金額が決められないので

お仕事がお願いできません。

こういうのって「何品納品、いついつまで」

みたいな感じですから。

というか、ここで疑問を持つ感覚が

「この人と働くの難しいかも」

と思い、お断りしました。

常識的な感覚が違うと

後々揉めますから。

友人曰く「在宅で働く人は、外で働けない人。

だから、会社以上に大変だ」と。

その言葉、思い出しました。

にしても出品数決めるんですか?!

と言ってきた方は1月に5万円もらえると

思っていたようです。

ネットで何もしなくて5万円とか

ありえないですから。

人が集まらなくても、

お断りすべき人は

お断りした方がいいです。

私は、そうしています。

全然お仕事してくれない人もいるお話。

採用して、研修しても

出品数は人それぞれ。

面倒だからと仕事はしないのに

あれこれ言い訳しては、

出品しない人もおられます。

だいたい1週間以上

お仕事放置される方は

お仕事してくれない方が

多いイメージです。

週末にお休みするとかはわかるけど

そんなのもせいぜい2〜3日。

出品問題が片付いたら

今度は、こちらの問題にも

着手しなきゃです。

出品スタッフさんとのやりとりが大変。

まだ出品スタッフさんが

育っていない段階では

とにかくやりとりが大変。

本音では増やしたいけど

今は、キャパオーバーで増やせません。

まだ外注化して1ヶ月経っていないので

当たり前と言えば、

当たり前なのでしょうが

とにかく外注化初期の印象としては

「出品スタッフさんからの質問に答えるのに

忙殺される」そんな印象です。

これから外注化始める方、

私の経験を活かしていただければ幸いです。

早く一人前になって欲しいよ〜。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA