大人気ブログの作り方

SEOやカスタマイズよりも大事なこと〜大人気ブログの作り方〜

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

ブログを始めたなら、カスタマイズより、まずは、書いてみよう!

ブログを同時期に始めた人は

今ではほとんど更新されていません。

これが現実なのか〜。

いろんなコミュニティとかあって

そこでは

いろんなことを学ぶと思うけど

「今月はお休みして

来月から書き始めます。」

そういう方も多いです。

で、なんでかな〜?

と思っていたら

アイキャッチとか、ヘッダーとか

いろんな画像に凝ったり

動画を入れたり・・・

そういうことをやりたいとか。

記事を更新するの面倒ですしね。

見た目も大事だけど、そういうのは

100記事書いてからにしようよ!

ブログの見た目をいじるのは、100記事からでも大丈夫!

とにかく、100記事までは

更新するのが大事です。

これこそがグーグルからの

信頼を得られる唯一の方法で

ドメイン・パワーを

上げられる方法だからです。

読者の方の役に立つ情報を提供して

コツコツ毎日更新する。

そこにつける画像は、

加工した画像でなくてもいいです。

とにかく最初の頃は

リテラシー高めるためにも

毎日、記事を更新しましょう。

SEOとか、サイトの見栄えなどは

記事を更新している合間で大丈夫です。

キーワードプランナーで

キーワード検索する時間がないのなら

検索しなくていいから

とにかく記事をアップしましょう。

読者の役に立つ記事とは?

よく「読者の役に立つ記事を書きましょう」

そんな風に書いてあると思いますが

それって具体的には、どういうこと?

そんな風にブログ初期の頃は思っていました。

無理もないです。

ブログを読んだことはあっても

書くのと読むのは大違いです。

書くときは一人で書いているつもりですが

実は、その向こう側には読者の方がおられます。

そういう方の

「悩みごと、問題点、気にしていること」

こういうことを「読んだ後には解決している」

そういう状態に持って行くのが

「読者の方の役に立つ記事を書く」ということです。

こういう記事はハウツーものに多いですが

それだけだと、ウィキペディアと変わらないので

知りたい情報を知ったら

はい、さようならになってしまいます。

「ご自分のお人柄を知ってもらうような記事」

こういう記事も2割〜3割くらいの確率で書くと

あなたのブログにリピーターさんが定着してきます。

鈴木はどんな感じで人柄を出しているのか?

私の場合、プロフィールで

まず人柄を知っていただいて

あとは最近バイマに取り組んでいるので

そちらをメインにお話しています。

そして、必ず最初にご挨拶で

WEBデザイナーをしていると書いています。

ただし、プロフィールには

あまり細かく書いていません。

それは「ブログを読むことで、私の情報を

知って欲しいから」です。

プロフィールで全部書いてしまったら

読者の方は私を理解してしまい

興味を持たれなくなる可能性が高いです。

そこで、読むことが終わってしまいます。

プロフィールは何度もチェンジしてOKです。

私も何度もチェンジしています。

今後も変わるかもしれませんし

それでもいいのです。

とにかく書きましょう!

100記事まで書くことができたら・・・

これからブログを始める方の中には

「今から書いても大丈夫かな?」

そんな思いの方もおられるかもしれません。

実は、4ヶ月前の私が、そうでした。

ですが、始めてみてわかりました。

「8割の人は4ヶ月持たない」と。

4ヶ月後に続いている確率は

2割あるかないかです。

(鈴木の周り調べ)

書かなくても

怒られたりするわけじゃないので

いつでもヤメられます。

そういう現実ですから

ブログはいつでも始められます。

ブログに気合いや根性はいりません。

そういうのはどうでもいいので

(鈴木は根性論を振りかざす人が苦手です)

何でもいいので、まずは書いてみましょう。

後からリライトもできるので、

リテラシーなんて気にせず毎日書き続けましょう。

鈴木はリテラシー0で始めましたよ、はい。

私がブログの見た目を変えない理由とは?

最近、新たな副業に取り組む始めました。

これが一段落するまでは

他のことができない状況です。

ですので、残念ながら、

が形になるまでは

こちらのサイトを

カスタマイズしない予定です。

カスタマイズして

お問い合わせやお仕事の依頼が来ても

現在受注できない状況です。

今しばらく、お待ちください。

(以前、同時受注で死にそうになりました笑)

ご理解いただけると幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA