初心者のための無料BUYMA講座

【完全保存版】バイマ外注化の1stステージ・・・出品外注化の全て

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

バイマ外注化の1stステージは、出品!

どうにか動き始めた私のバイマ外注化。

と言っても、まだ出品部門だけです。

ゆくゆくは秘書さんとかも

お願いする予定ですが

まずは、第一段階。

最初の頃よりは

比べ物にならないくらいに、

できるように

外注化を始めた当初は、

何をすべきかさえわかりませんでした。

そこから、いろいろ調べたりトライしたりして

今の形が出来上がりました。

そこで、今日は

これからバイマの外注化を始める方のために

外注化の1stステージ「出品」について

お話させていただきます。

出品を外注化する際に、すべきこととは?

今の私がやっていることは

  1. 募集→応募
  2. 面談
  3. 採用
  4. 研修
  5. 質問タイム

大きく分けて、こういう感じです。

募集&応募について

人が集まらないと

言われている募集。

まずは、ここが第一関門です。

ここで人が集まらないのなら

外注化はできません。

(私の場合は、なぜかすんなり集まりました)

とはいえ、問題のある方もおられて

途中でお断りすることもありました。

最初は面談で全員採用していましたが、

最近は、お断りする方もおります。

「価値観や常識が同じか?」

これって、やりとりをしているうちに

わかってきます。

ちなみに私は主にランサーズで募集しています。↓↓↓

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズでも見つからない場合には、

主婦ティやSOHOもありますよ。

>>主婦ティは、こちら

>>SOHOは、こちら

>>ほんとは教えたくないバイマの外注化で募集がないときのとっておきの募集先公開!

面談について

「募集&応募について」で

面談についてもお話してますので

こちらではツールについて

お話させていただきます。

>>バイマ外注化の際の募集の仕方について〜ランサーズ&クラウド・ワークス編〜

最初の面談はスカイプで行いました。

これは、いろんな方が

スカイプを使っていることを

お話されているからです。

ですので、私も「バイマの面談=スカイプ」

と思い、スカイプでやったのですが

相手の方はスカイプが初めてなら

私も数年ぶりで、

お電話までに30分くらいかかりました(笑)

そこからはLINEです。

スカイプは通話が安定しないし

LINEの方が応募する方もわかるから

ストレスフリーです。

別にスカイプじゃなくても

大丈夫だと思います。

スカイプ指定の方以外なら

LINEでやっても今のところ

何も問題は起こっていません。

採用について

いざ採用が決まると、

そこから契約書などを送付します。

ここに関しては唯一自信があるところで

問題も一切起こっていません。

(鈴木は法学部出身です)

研修について

マニュアルや動画を作って

それをお渡しするだけ。

それじゃ出品スタッフさんは定着しません。

うちでは、さらに、研修も行なっています。

こうすることで、スタッフさんの定着率は

グッと上がるはず!(多分)

出品スタッフさんを採用した最初の1ヶ月は、

採用人数にもよると思うのですが

ここが一番山場だと思います。

ある程度慣れてきたら、

あとは一気に募集ではなくて

ちょこちょこ募集でいいので

面談や研修も時々。

そして、その頃には、

研修などにも慣れてきています。

こうなると、いよいよ2ndステージ突入です。

私ももうじき、この2ndステージ突入のはず(笑)

受注が入ってもキャンセルできるので気が楽です

>>バイマ外注化ヤメて利益が出始めました〜私の場合〜

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA