ビジネスツール

おうち起業で注意すべきこととは?

こんにちは。

東京で WEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

おうち起業を始めるということ

平日は本業をやって

週末には副業をやる。

最近主流になってきた働き方です。

私のスタッフさんにも

そういう方がおられます。

起業当初はそれが良いとは思うけれど

「休日は休みたい」

そういう方も多く見られます。

起業をするというのは

必ずしも働いた分だけお給料が

入るわけではありません。

・起業→最初は売り上げ0のことがほとんど。

タダ働きもあり。

・会社員やパート→働いた分だけお給料がもらえる。

この違いがあります。

お金が確実に欲しいのならば

バイトやパート、

内職を副業に選んだ方が確実です。

こういった現状を乗り越えて

「お給料0円でもいい」

そんな風に思えるのであれば

ぜひ、その起業始めましょう。

ビジネスの基本は「小さく始めて、大きく育てる」です。

最初から大きく始めると

上手く行かなくて取り返しがつかない。

そういう事態にもなりかねません。

できるだけ

低予算で始めるように工夫しましょう。

ネットショップも

「BASE」というサービスを使えば

初期費用、月々の費用も無料で始められます。

販売の際に8%くらい手数料が取られるだけです。

残りの92%は、あなたの手取りです。

BASEについては、こちら↓↓↓

ですが、ここには女性起業の場合問題があります。

それは「名前や住所、

電話番号を記載する必要があるということ」です。

BASEに限らず特定商取引法に基づき、名前などの表示が必要。この問題点をクリアする方法とは?

BASEに限らず

ネットショップを始める場合

消費者保護の観点から制定されている

特定商取引法に基づく

販売者情報の表示が必要です。

ここで表示する必要があるのは

・氏名

・住所

・電話番号

です。

これらの情報を記載するのは

女性にとって正直怖い。

ですので、もし結婚されているのであれば

旦那さんのお名前を使うとか

お父様のお名前を使うのも1つでしょう。

では、住所や電話番号は、どうすればいいの?

女性が自分の住所や電話番号を書かずにネットショップを始めるには?

女性の一人暮らしの場合

知らない人が自宅を訪ねてきたり

電話をかけて来られれば怖いです。

実際、私の知人にも

ネットショップに記載している住所を頼りに

外国人が訪れるので

仕方なくオフィスを借りたという人もいます。

ですので、一番いいのは

オフィスを持つことですが

オフィスを借りるのは

かなりな資金が必要です。

物件によりますが

1年分の家賃を前払いとか

保証金1年分とかもあります。

なるべく低予算で起業を始めたい人には

これは、避けたい。

ですので私も以前

住所の表記だけのために

バーチャルオフィスを借りていました。

バーチャルオフィスって何?

バーチャルオフィスとは

本物のオフィスではなくて

登記やネットで必要住所を

レンタルするサービスのことです。

法人化するために登記をすると

個人の住所が表示されます。

それが苦手な方は登記用の住所を借りたり

以前の私のようにネット上に

住所を記載するためだけに

月々数千円の金額で住所を借りるのです。

当時の私のプランには

郵送も含まれており

そこに届く郵便物は

希望があれば

私の住所に転送してもらえてました。

ですが、転送費用は私負担。

おまけに中身は営業の住所だけだったので

全て廃棄をお願いしていました。

ちなみにレンタルしていた住所は銀座でした。

レンタル住所も銀座や

南青山のような一等地は高いです。

(不動産の評価額と同じです)

ご自分のご予算と相談しながら

選ばれるといいかなと思います。

電話番号は、どうするの?

ネットに書いていると

いたずら電話もかかってきます。

私も最初は固定電話

(固定電話の指定だった)をNTTと契約して

その番号を記入していましたが

途中から電話番号の

レンタルサービスを使い始めました。

その方が安心です。

中には不在だと購入に

繋がらないケースもあり

できれば人が出てくれる

サービスの方がいいです。

私は電話転送サービスを

お願いしました。

これは、かかってきたら

秘書の方が出てくださり

あとで「こういう電話がかかってきましたよ」

と伝言してくれるサービスです。

対応してもらったりすると

追加料金がかかるものでした。

ですが、おうち起業をやっていても

営業のチャンスは逃したくありませんよね。

そういう場合には、とても便利です。

今ほどおうち起業がやりやすい時代はありません。

女性が仕事につけなかった時代。

今では信じられないけれどありました。

女性が大学に行けない時代もありました。

今では全ての女性にチャンスがあります。

もし、今、起業で悩んでいる方がおられたら

こちらのブログを参考にしていただけたら幸いです。

思い切って最初の一歩を踏み出してみましょう。

あなたのご成功を心よりお祈りしております。

>>おうち起業、週末起業目指すなら、まずはブログを開設しましょう!

>>おうち起業で大事なコピーライティングについて

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA