ビジネスツール

私の2週間タスク管理法とは?

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

やることが多すぎて、何から手をつけていいのかわからない時、鈴木がやっていることは?

現在、鈴木も忙しいです。

いくつも同時にやらなきゃいけない。

皆さんと同じような状況に追い込まれています。

連絡が集中している場合には、

まずは電話連絡から。

(優先順位を瞬時に判断するのが一番目にすることです)

ですが、タスクが多い場合には

「やることを全てリストアップして、上から消去する」

アナログですが、そういうことをしています。

消去する時に達成感があって楽しいですよ。

「2週間スケジュール」これが、意外とおすすめです。

宮本佳実さんという

カリスマ女性経営者の方の本に

書かれていたのですが

MUJIの無地のノートを横書きに使って

(コイルノートタイプのものです)

1ページ目には2週間分のスケジュールを書きます。

これは、午前、午後、夜の3分割にして

それぞれの用事を大雑把に書きます。

(お仕事内容でもいいですし、「お休み」とかもありです)

ポイントは、1つのタイムゾーン(午前とか午後など)に

基本は1つ。多くても2つしか書かないということです。

見開きのもう1ページには、

「やるべきこと」を箇条書きに

リストアップしています。

もしできなければ、

次の2週間のところに引き継ぎます。

こんな感じで、スケジューリングしてます。

デジタルもいいけれど・・・アナログの良さも取り込みたい。

私がアナログなことをやるのは

「線で消す」ことに充実感があるから。

言葉で表現するのが難しいのですが

パソコンで横線消去するのとは違い

そこに「タスクの達成感」を

感じられる感触があります。

この感触を大事にしているのかもしれません。

こういうことは非論理的なことで、

非効率なこと。

でも、こういう見えない感性の部分を

大事にしないと

デザイナーとしての感覚が

失われるような気がします。

「大事なものは目に見えないんだよ」

サン=テグジュペリの言葉って

今でも色褪せない言葉ですね。

多くの成功者の方が言われているのが・・・

今、成功している方って

ほとんどの方が

最初から成功している訳ではなく

最初は、私と同じように

「駆け出し」を経験されています。

その時は、誰も注目してなくて売り上げも0。

そこから這い上がって来られている訳ですが

皆さん、言われるのが

「成功している時のイメージを

心の中でイメージしていた」

ということです。

これ、99%の方が言われています。

結果が出ていない時期は、

周りの方から「無理」

そう言われることがほとんど。

でも、自分の心の中には、

すでに成功している自分が見えたそうです。

口で言うのは簡単です。

でも、周りから言われると

落ち込むのが普通。

それでも、「私には5年後、活躍している自分が見える」

そう思いながら、歯を食いしばりながら、

頑張られたのだとか。

もし、今このブログをお読みの方で、

周りに誰もあなたのことを「できるよ」

そんな風に言ってくれる人がいなくても、

ここに一人だけ応援者がいます。

あなたは、できる!

途中で諦めなかった者だけに

輝かしい未来はおとづれます。

ぜひ、一緒に頑張りましょう(^^)

アバウトだから、良い面もある!

夢を見ているだけの段階。

つまりスタートアップの時は

思い通りに行かないことばかり。

うまく行き始めても

思い通りに行かないことも

あるかもしれません。

でも、スタートアップの段階では

全部一人でやるのが普通なので

スケジュールはコロコロ変わります。

これを管理するためには

アバウトなくらいじゃないと

うまく行きません。

ですので、2週間で1タームくらいのアバウト管理が

現実的だと思います。

もちろん、外せないスケジュールに関しては

iphoneやグーグル・カレンダーで管理しましょう。

成功しているシーンを夢に描きながら、

一歩ずつ進んで行きましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA