ライフスタイル

年始の密かな楽しみ。格付け

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

ガクトさんの一流芸能人を密かに楽しみにしています。

お正月になると、ガクトさんが何連勝かし

続けている格付けの番組を見ています

あの連勝記録を壊して欲しくなくて、

ハラハラドキドキしながら見ています。

ガクトさんのファンでなくても

(ストイックすぎて付いていけない・・・)

でも、あんなに頑張っている姿をお正月から見ると

「私も頑張ろう」って、年始から思えます。

自分に気合い入れる感じですね。

今年のパートナーは、

去年と同じYOSHIKIさんだそう。

去年のあけぼののおかきに続き、

今年は何を食べるのか?

別のところが気になっている私(笑)

春に銀座のあけぼのの前を通ったら、

桜餅が夕方には売り切れていたし

何より中国語とか外国語がすごくて、

「ここは外国?」と思ったくらい。

東京オリンピックまで外国人が多いのなら、

英語の勉強しようかな?

と思い始めました。(それくらいすごい!)

更新しているけど、年末年始から記事を書いているの?

ご覧のように、

鈴木は年末年始も記事を更新していました。

その期間も書いているのかと言うと、

そんなことはありません。

書ける時に下書きしておいて、

そこから引っ張り出してきて更新してます。

更新する際には、一度内容を精査しています。

でないと、気持ちが先走ってしまい、

意味がわからない時もあります。

このやり方、記事自体は書けているので、

忙しい方にオススメです。

年末に見た京都の杉本家に商売の真髄を教えていただきました。

京都で有名な杉本家。

その昔、呉服屋さんを

営んでおられたのだとか。

お屋敷は、ドラマや映画のセットか

と思うような伝統家屋。

お庭は重要文化財に指定されているとか・・・

そんな杉本家の仕出しの風景を

紹介してくれる番組がありました。

京都では仕出し屋さんにお願いするのは

普通だそう。

仕出し屋と言えば、

幼稚園時代に遠足のお弁当を仕出し屋で作ってもらって

エビとか錦糸卵とかの豪華なお弁当だったのですが、

「手作りの普通のお弁当が食べたい」と

母に泣きつきました(笑)

そんなほろ苦い思い出を噛み締めながら、

杉本家を拝見していました。

すると当時は朝晩はぶぶ漬けと香の物。

お昼は一汁一菜だったそうです。

瀟洒なご自宅の中で、

「質素倹約」が家訓だったとは。。。

長くお商売を続けておられる秘訣って、

ここなんだな〜と納得。

私も今年から是非、

参考にさせていただこうと思います。

お洋服も賢くレンタルで行こう!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA