ライフスタイル

結果の出ない人を卒業しよう!

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

いています鈴木です。

ブログを書かない人の特徴とは?

私の周りには、

私と同時期にブログを始めた人が数人おられます。

そして、その人たちとは

LINEグループで繋がっているのですが

記事を更新しない理由が、

「ブログネタに興味が無くなった」からだそうです。

ブログを始める時って、

1つテーマを決めて始めると思いますが

そのテーマを変えたいから、

ブログはお休みしているのだそう。

ブログをやるといろんな悩みが出てきますよね。

でも、心配いりません。

ブログのテーマなんて、

変わっていくものです。

イケハヤさんも「テーマなんて変わってきた」と

言われておられます。

高知に移住した時のお話から、

最近は仮想通貨など投資のお話をされています。

それでも、読者の方は、増えてきておられますし

テーマが変更する=読者にも飽きが来るので、

変更するくらいがちょうどいい。

これが本音のようです。

ブログを途中で止めれば、

それまでの蓄積が0になるので

「テーマ変えようかな?」と思えば、

更新しながらテーマを変更すればいいだけ

お気づきの方もおられると思いますが、

やる人っていうのは、

こういうことは言われないです。

言い訳したり人の悪口言う時間も

ひたすら手が動いておられます。

圧倒的な行動量だからこそ、

結果が出るんですよね。

結果を出せない人を卒業したいと本気で思うのなら?

2019年も始まり、今年こそ結果の出る年にしたい!

このブログを読んでいる方も、

そう思っておられるかもしれません。

鈴木が結果の出ている人と出ていない人の違いを見ていたら

結果の出ない人=人のことばかり気にして、

悪口を言ったり、喧嘩を売っていたりする。

結果が出る人=人の悪口など言わず、

むしろ悪口言われていることをパワーに変えて

「結果を出すにはどうしたらいいのか?」を

考えて行動しておられる。

結果を出す人の行動量は

圧倒的で、ハンパないです。

今年こそ、こういう人になって

結果出しますよ、鈴木は

→続くのかな?笑

結果が出ていても、安心はできないのです!

恐ろしいことに、結果が出ていても、

そこから落ちるパターンもあります

そういう人には、

「結果の出ていない人を軽く扱う」ということがあります。

私の知り合いの方もご本人に悪気はないのでしょうが

お仕事関係の方などをスルーしておられたおかげで、

今、大変なことになっておられます。

(この話を聞いたときは、ぞっとしましたよ。はい)

結果が出たとしても、人として、

当たり前のことはちゃんとすべきなんだなと

当たり前のことに気づかせてくれた今日この頃です。

どんな世界でも、最初は新参者ですが、

当たり前のことをコツコツしていたら

やがては認めてもらえる日も来るのです。

何かを始めた時には、

まずは3ヶ月を目標に頑張ってみましょう。

3ヶ月続けると、少しづつ状況が好転し始めますよ。

(鈴木の副業1も3ヶ月目から受注が入り始めましたよ)

コツコツなんて考えなくていい。「どうすれば楽しくいけるのか?」を考えろ!

コツコツ3ヶ月。

文字にするとたったの7文字。

でも、これを行動するのは大変です。

最初の頃は100%と言っていいほど、

結果が出ないのに知識がないから

やるべきことに忙殺されて、

嫌になる。(私だけかな?笑)

嫌になると、距離を置くから忘れていき、

いつのまにか、なかったことに・・・

これが通常のパターンです。

この原因は「コツコツ」なんて考えるから。

コツコツと捉えると嫌になるので

「どうしたら楽しくできるかな?」

そんな風に考えましょう。

お仕事は受験勉強とか学校じゃないです。

カフェでパソコン作業するのが好きなら、

カフェでやればいい。

スタバが好きならスタバに行けばいいし、

お気に入りのカフェがあるのなら

そこでやればいいだけです。

私は、これで副業1もブログも

少しづつ成果が現れ始めましたよ。

参考にしていただけたら幸いです。

私がスマホをお得にゲットしたのはこちら↓↓↓



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA