大人気ブログの作り方

ブログには長文が良いのか?

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

記事は長い方が良いの?

ブログの記事は最低1000文字と

言われています。

これはグーグルの巡回ロボットが短いと

見つけにくいから

そういう理由からです。

ですので、私も1000文字以上は

書くようにしていました。

ですが、では、長い方が良いのか?

と言いますと

長文読むの楽しい人がどれくらいいると思いますか?

この質問を考えるとお分りいただけると思います。

お料理でも「もう少し食べたいな」

これが、リピート客をゲットする極意。

お腹いっぱいにさせてはいけないのです。

ブログもお料理も。

そう考えると、私は長文ブログはオススメしません。

そうはいってもグーグルは長文を高評価しています。

ですがグーグルの方は、

「どれだけ読者に役に立っているか?」

こういう観点から、

検索順位を判断していますので

1つのコンテンツに多くの情報が入っている

長文のブログは、

必然的に評価が高くなります。

ですが、長文は読者が離れていく原因にも

なりかねないので

私は、個人的に長い文章は

オススメしていません。

グーグルだけを意識したブログって読者にも分ります。

そういうブログはだんだんと人気が無くなります。

また最近の「グーグル離れ」を懸念したグーグルが

グーグルではなく読者に目を向けたブログを

今後は高評価していくと考えられます。

そうでなければグーグルの存在意義が

根本から崩れる去ることにもなりません。

さすがに、そういう事態には、

グーグルも対応するでしょう。

ですので、無駄に長いブログではなくて

「読者にストレスなく、

役に立つブログ」を

最小限の言葉で伝えるのが

得策だと思っています。

全ては「読者の方を救えるか?」ということ

長文が良いかどうかについて今回はお話しました。

ですが、これが100%

正解とは限らないのが現実です。

「時と場合による」のがブログの世界です。

いや、ブログに限らず、

いついかなる時も、そうなのです。

「長文ダメって言ったじゃん」

そういう風に言われる方は

すでに読者の方を見ていなくて

自分の都合を優先しています。

そういうスタンスって

読者の方は敏感に感じ取られます。

ですので、いついかなる時も

「この記事は、読者を救えるのか?」

こういう気持ちで書いていきましょう。

言葉じゃないんです。

ブログも心ですよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA