ライフスタイル

0→1と1→2の違いとは?〜私の場合〜

こんにちは

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

1→2になってラクになったの?

現在、こちらのブログが8ヶ月目に入り

ようやく0→1を卒業かなと思っております。

今は1→2のステージにいるようです。

この段階になると0→1に比べて

「自分で石を転がさなくても

勝手に転がることがある」

そんな感じです。

(イメージ的に捉えた場合)

これを論理的に言うと・・・

例えば、あなたが山の頂上にいるとします。

これから下山をしようとすると

目の前に道を塞ぐくらい大きな岩が転がっています。

アルキメデスがやったように

テコになる石と棒を見つけて

よいしょっと押すのが0→1の段階です。

石を探したり棒を探すのに

無駄に時間がかかったり

押してもすぐには動かなくて

「こんなに頑張っているのに、どうして?」

そんな風に思って諦めそうにもなったりします。

でも、これが1→2の段階になると

0→1での準備のおかげで

石が浮き上がり始めるのです。

「えっ!?動き出した?」

そんな瞬間がおとづれ始めます。

論理的な説明かどうかは別として(笑)

1→2になると30%くらいはラクになった印象です。

この段階になると「0→1が大変」を実感できます。

0→1がなぜ大変なのか?私なりの解説です

先ほどの例をもう一度参考にしますと

0→1って「一見すると無駄なこと」が

山ほどあるからです。

石が見つからなくて

数日費やすこともあるでしょう。

見つけてきた棒が意外ともろくて

すぐに折れてしまって、

別のを探す羽目に・・・

「私って何やっているんだろう・・・

非効率的だし、

こんなことに何時間も費やしても

時間の無駄じゃない?」

好きでもないことに関しては

頭で考えがち。

だから「これ無駄なことだからヤメよう」

と結論つけてしまいがちです。

これが好きなことだと

無駄なことも知らずにやっています。

好きでやっている人には勝てない

これが、その理由かなと思っています。

その時には無駄に見えることでも

次のステップに進むためには

必要、そんな場合があるんですよね。

無駄なものを無駄と見るか大事と見るか・・・

う〜ん、深いですね。



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA