ライフスタイル

エントロピーの法則を知らずに採用してた!?

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

物理学?生物学?

鈴木は文系出身のんびり屋です

ですが、人の話を聞くのは好きで

最近は、特に理系の話を聞くのが楽しいです

そして先日最後の授業っていうので

物理学者の村山斉先生、

生物学者の福岡伸一先生の講義をされていました。

夜中の1時過ぎです(笑)

高校の時分に生物を選択していたので

物理も化学も、よくわかりません(笑)

でも物理学は「モノのことわり」だから

経験則的に知っていたり

うさちゃんのおかげで、

うさぎに関しては生物学者並です、多分(笑)

私の隣で死んだように眠っているうさちゃんを見ると

「よくぞ、ここまで信頼してくれて・・・」

と嬉しくなるのですが、

そんな時に物理学とか生物学の講義を受ける

それも、たった1時間だけ・・・

物理学って宇宙?分子?暗黒物質?

全てのものは分子から成り立つ

へ〜、そうなんだ

と思っていたら、なんでも、それは間違いだとか

つまり全ての始まりは分子ではないとのこと

だったら、何?

私でも疑問が出て来ます

答えは暗黒物質・・・宇宙のゴミ?ちっぽけなもの?

暗黒物質が集合化して、重力を持つことで

周りのものを引っ張るらしいです。

りんごの万有引力の法則です

あれも、地球がものすごい重さを持つから

地球の中心にりんごが引っ張られるっていう話でしたよね?

でも、このりんご、

当時はキリスト教の教えに反するって

映画でやっていたな〜と別の方向に浮遊(笑)

おまけに私のパソコン、アップルだし(笑)

アップルのアップルって、既存の概念をぶち壊す

万有引力との関係から、

アップルって名前になったのかな?

なんて、ふわふわ浮遊(笑)

そこを、引力で引っ張られて

先生の授業に再度集中です

(つまらなくて、すいません涙)

宇宙のゴミがそうやって、

わたあめみたいに

どんどん膨れてきて、

引っ張られる=圧縮なので

宇宙のゴミみたいな暗黒物質が圧縮されて

やがてベビー地球が誕生したらしいです

なんで分子が全ての元じゃないのかって?

全部足すと、そこにブランク(空白)が生まれるらしいです。

全部足す?概算だから見逃せないくらい大きな誤差が発生するはず

そのやり方マクロ経済理論みたいなどと思いながら

話はどんどん進みます。

カミオカンデのすごさを初めて知る・・・

ノーベル賞を受賞された小柴先生

正直、カミオカンデが

でかい装置とは知っていましたが

(小柴先生なら笑って許してくださりそう)

なぜ、ノーベル賞に値するのか不明でした

(小柴先生がお優しいのだけは、知っている)

これを理解するのに大事なのが

ニュートリノ。

私たちの体を今、この瞬間も貫通している

この物質の存在を証明することで

ニュートリノ理論の

正当性を証明できるらしいです

ニュートリノ自体、とても小さくて

おまけになんでも貫通するから

存在を証明するのは難しい

そんな難しいことに果敢にも挑戦されてこられた

そして何と、

小柴先生は定年退職する前の3ヶ月間で

16万光年だったかな?

そんな遠いところから降り注いだニュートリノを

十数個カミオカンデで観測されたらしいです

努力が運をもたらすのか運が努力をもたらすのか・・・

とにかく強運の持ち主でいらっしゃる〜と

下世話なことを思ってしまいます(笑)

小柴先生のすごいところは

1、カミオカンデみたいなでかい装置を作るのは

お金がかかる→そのための資金を国から引っ張ってくる力

ネゴシエーターとしてもご尊敬します

2、退職前の3ヶ月間というリミットの中で

ニュートリノをキャッチする力

→可能性が最大である岐阜県をチョイスされたのでしょうが

どうやって岐阜県に決められたのか伺えるもんなら伺いたい

これって運を引き寄せるためには

周到な準備が必要ということかな?

アホなりにも、色々考える鈴木です(笑)

そして衝撃的だったのが

宇宙の始まりには

時間という概念がないらしいです

なぜって?それよりも前のものがないから

禅問答みたいですが

何かしら基準になるものがあるから

それより早い、

遅いという言い方ができますが

時間の始まりよりも前のものはないので

そこには時間という概念が存在しないらしいです

(by。アインシュタイン)

これが今、流行りの引き寄せの法則のベースにあるのですよね

あれって、アインシュタインなのか〜

物理って、おもしろい〜!!

福岡教授の生物学は?

生命を機械のように考えてはいけない

この言葉が印象的でした

生物って一般論で論じるのも大事ですよね

例えば、うちのうさちゃんがご飯を食べなくなった

そこで病院に行くと

「うっ滞ですね」との診察

それは、グルーミングの際に自分の毛を食べてしまい

消化不良になっているのですが

これは多くのうさちゃんを診察して得られる

診断結果です

ですが、それは、あくまで総論的なものであって

それをベースに「うちのうさちゃん」として

個別に診察することも大事ということらしいです

それって動物愛護のこと?

人に当てはめるなら、基本的人権の尊重?

文系の人間として無謀にも

文系からのアプローチをかける鈴木です(笑)

そこで出てきたのがエントロピーの法則です

画像はお借りしています。

エントロピーの法則=好きなことを仕事にするなんだよね

論理の飛躍すぎますね、これじゃ(笑)

エントロピーの法則は物理学での概念だそうです

お湯と水を一緒にすると、お湯の温度は下がり

だんだん同じ温度になる

あれのことらしいです、簡単にいうと

生物って複雑な方から楽な方に楽な方に流れることで

生物としての統一性を保っているらしいです

複雑なままだと故障しやすいですよね?

人間の場合、故障=最悪「死」です

死んだら元も子もない

だからこそ、そんな事態を避けるために、

なるべく楽な方に行くらしいです

そして、それをエントロピーの法則というらしいです

鈴木は、この時、初めて知りました

鈴木は、ブログでも副業でも

「好きなことをしよう。

楽しみながらやろう。

ブログを続けるという最大の目的のためなら

ブログデザインは自分の好きなものにしよう」

そんな風に提案していました

一見すると、世間を舐めてるバカっぽいやり方です

ですが、こんな風にゆる〜くやらないと

続かないんですよ

ブログが続かない=生物でいうと「死」です

そんな事態を回避するべく

好きなことをやろう

楽しくやろうと提言しておりました

エントロピーの法則を聞いた瞬間

「私の考え方は間違っていない」と確信しました

そして、ふと思いました

平成天皇(上皇様)は魚類博士だそうなので

ぜひ、平成天皇(上皇様)の魚に関する講義も受けてみたい!と

久子様の英語の授業も!

(東京オリンピックの際のスピーチの素晴らしいこと。)

あっ、美智子様のフランス語の授業も!

畏れ多いのはわかっています。

生意気なのもわかっています。

ただ、もうお会いできなくなるのがとても寂しいのです

文系ですし、物理学も化学も全く勉強したことありません

ですので、多くの間違いが今回の記事に関しては

あるでしょう

ですが、もし、専門の方がおられたら

「教育の不平等だけは唯一認められている不平等である」

と笑って見過ごしてくださいね。

物理学者さんとか数学者さんとか化学者さんとか

お話したら楽しいだろうな〜

ワクワクする〜!!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA