無料おうち起業講座

月商や年商は利益とは大違い〜今さら聞けない〜

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

「月商100万円超えました」のわな

「月商100万円超えました」

先日、テレビで言われていました

でも、ここで大事なのは

月商≠利益ということです

月商とはトータルの利益のことで

ここから、いろんな費用が引かれて

利益が計算されます

例えば、10万円のものが売れました。

この場合、月商は10万円です。

毎月、この商品が1つだけ売れるなら

年商は12ヶ月だから120万円ということになります

これに対して

利益は、10万円のうち仕入れが8万円かかって

送料が2000円かかって

外注さんにお金を払って・・・

色々引いたら1万円しか手元には残りませんでした

この1万円が「利益」と言われるものです

バイマでもなんでも

コンサルで稼ごうとしている人は

自分の利益を大きく見せたがるそうです

だから月商で実績を発表しますが

時間の都合上コンサルができない鈴木は

副業の実績を利益で(10万円)と書いています

月商100万円でも利益率8%なら・・・

月商が100万円でも利益率8%なら

8万円の利益です

ここで大事なのは利益率です

月商や年商が大きいのはすごいことだけれども

その数字に騙されないようにしましょう

「月に100万円、月に200万円稼いでます」

もし、そんな風に言うコンサルがいたら

どんなブランド品を持っているか

チェックしましょう

財布と靴は、まだレンタル・サービスがないので

一番見抜きやすいかな?

バッグやお洋服、時計はレンタルが存在しますので

あまりあてにならないです

信頼できるコンサルさんを見つけてくださいね

(中には音信不通になるコンサルもいるそうですよ。こわっ)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA