ライフスタイル

初期熱中症はこんな感じです〜熱中症で倒れる〜

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

それは突然やってきた

ここ最近、肌寒い日が続き、暑さに慣れていませんでした

鈴木は昼の1時すぎにお買い物に行きました

1時間くらいで終わる予定でした

遅めのお昼ご飯を買って、最後のお店から出ようとした時に

目の前がチラチラして、少し鼓動がしました

暑いな〜とは思っていたんです、終始

でも、目の前がチラチラしているから

「早く家に帰ろう」そんな風に思ってしまいました

でも、目の前がチラチラなんて普通じゃないから

とりあえず冷たい水を飲もうと

周りを見渡すと50m先くらいに

自動販売機があります

パッと目に入ったジュースを買おうと

小銭を入れて、ボタンを押したのまでは覚えてます

でも・・・

気づいた時には、道路に寝てました(笑)

ボタンを押したら、次の瞬間は

ジュースがゴトんと落ちてくるはずです

でも、その音が聞こえず

誰かに声をかけられて、ようやく目が覚めました

それまで道路に寝ていたようです

その時に声をかけてくださったのが

警察官(警視庁)の方でした

すごい偶然

鈴木、運だけは強いのです

実力はないのですが(笑)

運だけで人生歩んできました

そんな余談は置いといて・・・

声を出そうにも声にならないんです

ようやく絞り出して「助けてください」と言いました

すると、「どうされたんですか?」と

言ってくださり

事情を説明し「どうやら熱中症みたいです」

とお伝えすると

救急車を呼んでくださいました

道路上で寝るなんて人生初の体験です

ましてや、記憶が飛んだのも初めてです

熱中症、一番軽度のものでしたが

それでも、きつかった〜

路上に倒れた時・・・こんな感じでした。このわんちゃん、左の前足大丈夫かな?

ジュースの冷たさに救われました

警察官の方に、自動販売機にジュースがあるから

それを取って欲しいと伝え

ジュースを飲むと、一気に回復しました

経口補水液とかの方がいいのかもしれませんが

私は、あの味は苦手です

そして思いました

「自分が飲みたい冷たいものを飲むのが一番だ」と

ポカリとかアクエリアスじゃなく

オレンジジュースでしたが

目の前がチラチラしていたら

選べないです

もう目に入ったボタンを押すしかない

それでも、飲んだら5秒後には回復し始めました

お腹の弱い人にはオススメしませんが

普通のお腹の強さがある方は

冷たさに救われるので、

できるだけ冷たいジュースを飲むことをオススメします

今回の経験から、今後どうしたらいいのか?考えました

暑くなったばかりだと体が慣れていません

26度以上なら日向はもっと温度が高いので

必ず、何か冷たいものを持ち歩きましょう

私は、氷を入れて持ち運ぶつもりです

頭にはたんこぶができましたし(笑)

尾てい骨を打ったようで尾てい骨が痛い

骨折していたらずっと痛いはずですが

ある角度の時だけ痛いので

骨折ではなさそうです

(病院には行かないことを選びました。

一刻でも早くお昼ご飯を食べて、

眠りたかったからです笑)

でも、しばらくは座ってやるパソコンができません

しばらくはお仕事休業です

たまにはいいかな

熱中症の人を助ける時、こうして欲しい

今回、鈴木は軽度の熱中症になって知ったことがあります

熱中症になると全身に力が入りません

ですので声が出ないのです

道路に倒れ込んでいたりした人を見かけたら

声をかけていただき

返事が聞こえなくても、耳を近づけて

声を聞いてあげてください

何か言っておられるかもしれません

また、今回ジュースを買ったのですが

自動販売機のボタンは押せても

ジュースを取り出せなかったり

ペットボトルの口を開けれなかったり

プルタブを開けれなかったりするかもしれません

全身に力が入らないから

開けたくても開けれないのです

できたら、口を開けていただけるとありがたいです

今回お助けいただいた警視庁、東京消防庁、ご近所の皆さま

本当にありがとうございました!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA