ライフスタイル

銀座が私を呼んでいる(笑)

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

お尻を強打して以来、初の外出

熱中症で路上で倒れて以来

>>初期熱中症はこんな感じです〜熱中症で倒れる〜

2週間痛みが引かず

自宅に引きこもっておりました

が、それも限界・・・

気分的に限界でした

うさぎやさんのどら焼きと

木村屋さんの桜あんぱんが恋しくて恋しくて(笑)

飲み物用意して氷入れて

(もう熱中症で倒れたくない)

痛いけど、銀座にGO!

まずは木村屋さんから

元気な時には木村屋さんは日常なので

わざわざ書くなんてことはありませんでした

だって、繁盛しているパン屋さんで

人が多いのなんのって

それくらいしか書くことない

そんな風に思ってましたから

10個とか買う人が多い中

私は自分が食べたいものを

1個づつ買うタイプです

コーヒーあんとかコーヒーの味がするんですよね

今の季節は塩レモンとかありました

が、桜あんぱんが食べたかったので

オリジナルあんぱんと桜あんぱんでGO!

しました。

バター入りのも美味しいけれど

今回は桜をチョイス

ベットから動けなかった日々からすると

木村屋さんに入った途端

ここまで歩いてきたことに感動しました(涙)

画像は木村屋さんからお借りしました。画像撮るの忘れて食べちゃいました(笑)

うさぎやさんは夏場なら午後でも買える

うさぎやさん・・・有名などら焼き屋さんです

食べると優しさに包まれる感じで

安心できるんですよね

お尻の痛みと戦っている鈴木は

誰かに包まれたいらしく(笑)

「食べたいな〜」との気持ちが募っていました

ただ、ここのどら焼きは人気なので

午前中に完売することもあります

なかったら、それまでよ。と

鈴木は木村屋さんから日本橋方面に中央通りを歩きます

時々水分補給しながら歩きます

健康な時なら、この距離平気ですが

久しぶりに歩くもんだから長く感じてしまいます

銀ブラするのって体力いるわ〜

なんて思いながら1歩づつ近く

お布団の西川さんが右手に見えてくると、もう少し

どら焼きが完売してたら虎屋さんで買っていこう

なんて予備プランも頭の中で練りながら

少しづつ歩きます

果たして、鈴木はどら焼きを買うことができたのか?

ようやくお店に到着です

ガラガラっとお店に入ると・・・

なんと・・・

どら焼き、あるようです

ほっ

でも、前に2人くらいおられて

その人たちがたくさん買えば

「完売しました」と言われることも・・・

最後まで油断のできないレースです

(いつからレースになった?笑)

1人目のお客さん10個買われます

やばいな〜ダメかもしれない

弱気な鈴木が顔を出します(笑)

こうなったら残り1人の結果次第です

「3つお願いします」

ほっ

いけるかもしれない

ドキドキ・・・

いよいよ鈴木の番です

「まだ買えますか?」

「はい」

たった2つの文字なのに

こんなに嬉しくなるなんて

好きって言葉も2文字だし

2文字って、実は偉大なるパワーを持っているのかもしれない

そんな「はい」に救われて

鈴木も購入できました!

この瞬間思いました

「うまくいく」と

銀座、ありがとう!

ベッドの上に寝ていた人間にとって

銀座に行けることは、

だいぶ元気になってきた証です

銀座は大人の街だし高いイメージがありますが

全てが全て高いわけじゃないんですよね、最近は

銀座に来て思ったのは

「ベッドなんかで寝ときたくない。

歩きたい」ということでした

恵比寿や広尾だって楽しいし

東京だけじゃなくて日本中、

世界中楽しいところあるんですよね

ブラック企業で働いていた時、食べれなくなり

その時、京都のお漬物で

ご飯を食べることができるようになりました

お茶碗1杯のご飯を食べるのに

デパートまで買いに行きましたからね、私(笑)

薄味だけどしっかりと味が効いているので

食欲ない人には、刺激も少なくていいんですよね

そして今回は銀座

生きる希望を与えてくれるものって人それぞれ

アニメに勇気を与えられることもあるし

映画や音楽に勇気を与えられることもある

銀座、ありがとう!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA