ライフスタイル

カジノ・ビーナスおもしろかった〜!

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

友人に誘われて、ビーナス・フォートへ

たまたま日程の合った友人と

久しぶりに会うことに

で、何をやりたいのか尋ねると

「カジノ」と即答

今からラスベガスにでも飛ぶつもりなのか?

それって叶姉妹とかなら可能だけど

私と、それをやるつもりなのか?

と思って聞いてみると・・・

ラスベガスのカジノが楽しくて

日本でも娯楽でやってるところがあるから

そこに行こうとのことでした

熱中症で回復して一発目がラスベガスだとしたら

それは、それで悪くなかったかも(笑)

台場のビーナス・フォートの中にある

台場に行くのは久しぶり

ゆりかもめなら新橋よねと

なぜか東京駅で待ち合わせをし

そこから電車で新橋へ

電車に乗るとワクワクするので電車が好きなのです

そして、そこから熱中症の話をしていると

「浜松町です〜」と

やばい、乗り過ごした(笑)

1駅戻り、そこからゆりかもめで青海へ

途中フジテレビの丸いの見たりしながら

駅と直結してるので、そこから直でビーナス・フォートへ

>>カジノ・ビーナスの公式ホームページはこちら

3Fの奥の方にカジノ・ビーナス発見!

いろんなお洋服屋さんを横目で見て

適当に行ってるとお店に遭遇

中を覗き込むと休みの日ということもあり

人で溢れかえる店内

入り口で料金システム尋ねると

「今日は説明コースはないけれど

3000円とかでチップを買って

それでお好きなゲームができますよ」と

「最初は見てるだけでも良いですか?」と尋ねると

「良いですよ〜」と

ゲームは

・ブラックジャック

・ルーレット

・ミニバカラ

・ポーカーです

ルールは簡単に説明してくれて

3000円分購入して

まずはブラックジャックに参加

21を超えない近い数字の人が勝ち

という基本ルールの元

細かいルールが、よくわからない(笑)

カードを引くのがトントンと机を叩き

もういらないが横に手を振る

これだけなんですよね

これで、どんどんやれるんです

ドキドキしながら、ラスベガスみたいな雰囲気を感じ

あっという間に時間が経つ感じです

次に、ミニバカラです

バンカーと呼ばれるカードを配る人と

プレーヤーと呼ばれる参加者の

それぞれのカード数字の合計

下一桁が9に近い人が勝ちで

その勝者を予想するんですよね

これは、カジノに慣れた人のゲームらしいです

ついてる時は連続でもらえるし

ついてないと、減って行く感じ

で、次にルーレットです

これは初心者の私にも一番馴染みやすかったゲーム

数字を予想したり、黒か赤かを予想したり

そして、数字なら35倍のものが戻ってきたり・・・

途中、めちゃくちゃ冴えてて

その時はイケましたね

でも最後に、もう一度チップに変換すると

最初の100ドルがそのまま戻ってくるという

プラマイ0でした(笑)

最後に、ポーカーです

自分の手元には2枚で

胴元の手元のカードと役を作るというもの

映画で見たことあるけど

実際にやってみると「むずっ」

でも、騙せたりもして楽しんです

3000円で400ドル+初めての人のボーナスもあったけど

最後には200ドルになってました(笑)

画像はお借りしています。当日は人が多くて撮影できない雰囲気でした・・・

カジノの感想は?

楽しかった〜

時間が経つのがあっという間でした

また機会があったら行きたいね〜と話しながら

晩御飯を食べに〜

いや〜本当に楽しかったです

日本ってカジノ法案とか言ってたけど

あれ、どうなったんだっけ?



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA