無料おうち起業講座

【最新版】世界一簡単な開業届の教科書

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

副業でも開業届は必要になります

開業届・・・本業でも副業でも一回出せばOK

事業の数が複数になった場合

後から出す必要はありません

ですが、今回は、ファイナンシャル・プランナーの観点から

(一応資格だけはあります)

副業などを始める方のために

開業届けについてお話させていただきます

開業届けの出し方は2通り

開業届は開業から1ヶ月以内の提出しなくちゃいけません

郵送で出す場合と管轄の税務署に行って提出する場合の2通りです

開業届け自体は国税庁のホームページからダウンロードできます

>>国税庁の開業届は、こちら

必要事項を記入の上

管轄の税務署に郵送すればOKです

後日連絡がなければ、承認されたということ

電話連絡があれば訂正しなきゃです

管轄の税務署にも同じ用紙が置いてあるので

それに記入して、提出すればOK

ただし・・・

青色申告の手続きも同時にしましょう!

青色申告・・・損益計算書、

貸借対照表を提出する必要があります

会計ソフトfreeeで簡単に作成できます↓↓↓



青色申告するには勘定や仕分けをする必要があります

そして、青色申告をすることで55万円の控除になります

もし青色申告をしておかなければ

白色申告になり、10万円のみの控除枠となります

これって大きいですよ

55万円合法的に脱税できるのですから

(言い方悪くてすいません)

この青色申告は開業から2ヶ月以内に

提出する必要があるので

開業届と同時に提出しておくとラクです

こちらも税務署で直接提出するか

郵送かを選べます

郵送でやりたい方はこちらより、どうぞ

>>国税庁の青色申告承認申請用紙

ただし・・・

電子申告か電子領収書保存で控除額がアップ!

青色申告だけでは控除額は55万円ですが

確定申告を電子申告する、

もしくは電子領収書保存を選べば

(令和元年まで。令和2年からは電子領収書保存が強制)

控除額が65万円にアップします

なんだか難しそうですが

要は・・・

emailみたいなので確定申告すれば65万円にアップ!

もしくは領収書を税務署に提出する際

iphoneで撮影して、それをハードで保存しておくと

控除額が65万円にアップするというものです

確定申告の電子申告には事前にetaxの手続きが必要です

>>etaxの手続きは、こちらから

もし、経費などの領収書を画像で提出しない場合には

7年間の保存期間があります

参考にしていただけたら幸いです

あなたの副業のご成功、心よりお祈りしております



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA