無料プログラマー講座

ワードプレス5.0のについて〜基礎編〜

こんにちは。
東京でWEBデザイナー&
アップル・ライフクリエーターを
しています鈴木です。

ワードプレス5.0のコードについて〜基礎編〜

今日は少し専門的なお話です。

ワードプレスには関数も含めて、

独自の言語があります。

「ワードプレス関数」は

phpとは若干違う関数なので

phpとして使うことはできないですが

それでも、WEBデザイナーは、

ある程度は覚えています。

通常は、ワードプレスをテーマから始めるのが一般的ですが

「データベース」を使えば、

まっさらな状態から始めることもできます。

その時に使うのが、

この「ワードプレス関数」です。

例えばHTMLなら <p>テキスト</p>

このように書くことでHTMLが

「これは文字として表記するのね」と

解釈してくれて、

画面上テキスト(文字)として表示されます。

でも、下のコードを見ると・・・

<!–wp:paragraph–>と書いてあります。

HTMLではなくワードプレス関数だからです。

これは、「ここは1つの段落の始まりです」という意味で

ここに挟まれている部分が1つの塊として扱われます。

コードは

「最初と最後の部分を指定する」のが流儀ですので、

(そうじゃないものもありますよ、もちろん)

段落の終わりにも

同じものがあるわけです。

もし、この場合、<!–wp:paragraph–>を

最初と最後の2回だけの表示にすれば

(下の場合だと合計10回表示されていますね)

文章と文章の間には隙間がない表示となって現れます。

どういうことかと言いますと・・・

合計10回の場合には、下のように隙間ができます。

これに対して最初と最後の合計2回だけの場合には、

下の画像のように隙間なくびっちりとなります。

私たちが通常呼んでいる「コードエディター」には

この<!–wp:paragraph–>などの

コードを書き込んで使用します。

この仕組みを使って、

A8ネットなどの

アフィリエイトなどを行なっています。

>>ワードプレス5.0でアフィリエイトを始める方法〜A8ネット版〜

ここで大事なことはコード・エディターに書くことです。

wpなんちゃらなどの呪文のような言葉は、

「コード・エディター」の方に書かないと

きちんと動いてくれません。

もし、ビジュアル・エディターの方に書けば

反応はなく、

呪文がそのまま表示されてしまいます。

ですので、A8でアフィリエイトをしたい場合には、

必ず「コード・エディター」にペーストしましょう。

ワードプレスの関数をいじる場合の注意点!

ワードプレスは世界を席巻したいのか(笑)

ワードプレス関数にはwpをつけていることがほとんどです。

ワードプレスの略ですね。

ですので、その関数がワードプレスの関数か

どうか迷った時は

wpの有無で判断しましょう。

もちろん、そうじゃない場合もありますよ。

例外は全ての事象につきものです。

そして、もし、こういう関数をいじる場合には

バックアップをちゃんととっておいて

いつでも復活できる状態で行いましょう。

私ですか?このブログをいじる際には

バックアップ取ったことはありません。

ぶっつけ本番です(笑)

でも、お仕事の場合には、

必ずバックアップ取ってますよ。