無料ブランディング講座

ブランディングを学びたいなら京都迎賓館がオススメです

こんにちは。

東京でWEBデザイナー&

アップル・ライフクリエーターを

しています鈴木です。

ブランディングの宝庫は、やっぱり京都

ブランディング・・・

最近、よく耳にする言葉ですよね

私の専門がブランディングなので

ついつい、どんな時も

ブランディング関係のことになると

お仕事モードになってしまいます(笑)

そしてブランディング力が素晴らしいなと思い

参考にさせていただいている1つが

大好きな京都です。

四季折々を大事にしておられて

何より、子供の頃から世界遺産がデフォルトという

素晴らしい環境で育っておられるせいか

本物を見抜く力が高い・・・

ですので、ちょっとでも手抜いた仕事なんてしたら

すぐに見抜かれます。

そういう環境だからこそ

最高を目指さざるを得なくなる

最高には最高にふさわしい構えが必要ということで

必然的にブランディングをすることになるんですよね。

京都の方のすごいところは

ブランディングなんて言葉が

まだ知られてない時分から

当然のようにブランディング

しておられたところです。

京都迎賓館には、日本文化の最高峰が詰まっています

東京にも迎賓館はあります。

こちらも、本当に素晴らしいです。

こちらは一般開放されているので

予約などをすれば見学可能ですが

京都迎賓館は、その名の通り

京都にあります。

>>京都迎賓館の公式ホームページは、こちら

そして、この迎賓館は

京都の最高の技術が詰まっています。

床、天井、机、華、襖、障子、お庭

もう、全てです。

天井の板、杉の木が使われていますが

10m越えのその長さ

その美しい木目

圧巻です。

幾度の戦争や自然災害に耐えてもあの美しさ

強くて美しいなんて最高の大和撫子ですよね。

漆塗りって小さなゴミ1つが命取りなのに

テーブルの表面を見ると

傷1つない。

「どうやって作られたのかな?」

と気になってしょうがない。

あのテーブル一枚板なのかな?

床板も、あまりにも美しくて、

上を歩くのがはばかられます。

柱も太い柱で、でも、

木目が美しくて見惚れます。

襖に施されている金の模様も

金なのに派手じゃなくて変な主張をしないのです。

でも、近くで見ると手仕事の繊細さに

作り方と共に、そのデザイン性に感動いたします。

その空間に見事に溶け込んでいるんですよね。

お庭も落ち着きのある日本庭園で

全てが調和していて、

心穏やかになる空間です。

でも、多分、使われているものは

全て最高のものだと思います。

最高のものだけで

何のてらいのない

お庭を作っておられる庭師さんの感覚

その感覚の奥にある深い洞察力と経験

あ〜いうものを見せられたら

言葉の力って何なんだろう?

ブログを書く意味を内省せざるをえません。

なぜ京都迎賓館がブランディングのお勉強にいいのか?

ブランディングって

たとえ気づかれなくても

細部にまで気を配る必要があります。

そのいい例がハヅキルーペ

実は、この CMも細部にまでこだわっています。

武井咲さんが身につけている着物

相当高価なお着物です。

商品自体は数千円かもしれませんが

その商品を売り込むために

あのCMにはその何千倍もの費用がかかっています。

ハヅキルーペが多くの人に短時間で記憶されたのは

あの徹底的にブランディングされたCMの力によるのです。

細部にまで徹底してこだわる

京都迎賓館は、

ブランディングのお手本そのものです。

画像はお借りしています。さりげないのに美しくて時間を忘れますね

京都って、いつだってずるい(笑)

だって、あれだけのものが

街を歩けば見られるんですよ。

それも無料で。

街全体が美術館って、すごい!

子供さんの時から、この環境にいれるって

デザイナーとしての英才教育ですよ。

ズル〜い!(笑)

清水の三年坂美術館

こちらも気になってしょうがない。

そのうちブランディングの勉強も兼ねて

京都に長期滞在するつもりです。

そうそう、こちらの京都迎賓館は

行事に使われていないときは

一般公開されているんですよ。

>>京都迎賓館参観希望の方へ

大阪伊丹空港から京都へはバスか電車で1時間くらい¥1,000くらいです